ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
手話・手話通訳・要約筆記などについてQ&A

こんな「?」ありませんか?

手話について
Q.手話はジェスチャーとは違うの?

A.
違います。ジェスチャーでは過去のこと、未来のこと、抽象的なことなど表せません。でも、手話では日本語と同じようになんでも話すことができます。
Q.手話は日本語を目に見えるようにしたもの?

A.
違います。手話は日本語とは異なるひとつの言語です。
Q.手話を勉強するには?

A.
①手話奉仕員養成講座
各市町村で「手話で話せるようになる」ことを目的とした講座が開催されています。詳細は各市町村にお問い合わせください。

②手話サークル
楽しみながら手話を学べる手話サークルが各市町村にあります。詳細はお問い合わせください。

手話通訳について
Q.手話ができれば通訳もできますか?

A.
残念ながら答えはNOです。手話ができるのは大前提で、他に通訳のための勉強が必要となります。また、手話だけではなくろう者の文化理解も必要です。
Q.手話通訳の勉強をするには?

A.
手話通訳者養成講座があります(詳細は山形県聴覚障害者協会HPへ)。
Q.手話通訳の資格ってありますか?

A.
「手話通訳士」という厚生労働省認定資格があります。また、毎年12月に開催される山形県手話通訳者試験に合格すれば、通訳ができる「手話通訳者」として活動できます。
Q.手話通訳として活動するには?

A.
①市町村に登録する
 奉仕員登録:登録についてはお住まいの市町村にお問い合わせください。
 通訳者登録:山形県手話通訳者試験に合格すると、本人了承のもと市町村に情報がいきます。
②山形県聴覚障害者協会に登録する
 市町村の派遣範囲以外、団体・企業からの通訳に対応します。

要約筆記について
Q.要約筆記ってなんですか?

A.
主に、中途失聴者・難聴者にその場の音声情報を文字で伝える通訳です。方法としてパソコンと手書きとがあります。
Q.要約筆記の勉強をするには?

A.
要約筆記者養成講座(詳細は山形県聴覚障害者協会HPへ)があります。また、要約筆記サークルもあります。
Q.要約筆記奉仕員として活動するには?

A.
①市町村に登録する
 登録についてはお住まいの市町村にお問い合わせください。
②山形県に登録する
 団体(聴覚障がい者団体・県内に事務局がある等)への通訳に対応します。
③山形県聴覚障害者協会に登録する
 市町村の派遣範囲以外、企業などからの通訳に対応します。
盲ろう者向け通訳・介助について
Q.盲ろう者向け・通訳介助とはなんですか?

A.
聴覚と視覚に障害を持つ盲ろう者が、自由に外出し社会参加するために意思疎通を支援します。また移動や食事の際の介助も行ないます。
Q.盲ろう者向け・通訳介助を勉強するには?

A
 盲ろう者向け通訳・介助員養成講座があります。また、山形県盲ろう者友の会もあります。

通訳(手話・要約筆記・盲ろう者向け通訳介助)を依頼したい方へ
Q.通訳を依頼したいのですが・・・

A.
<ろう者・中途失聴・難聴者の方>お住まいの市町村役場へご相談ください(障害者総合支援法のサービスとなります)。
<盲ろう者の方>当センターへご相談ください。
<企業・団体等>当センターへご相談ください。

  【連絡先】〒990-0021山形市小白川町2-3-30小白川庁舎1階 TEL/FAX023-666-7616